レーシックやりました その4

JUGEMテーマ:視力回復方法
 術前検査

  さて2週間のビン底眼鏡生活を経て、いよいよ術前検査です。やっと・・・
  これは、視力検査、眼底検査、眼の病気の有無、角膜の写真、厚さ計測
  あらゆる検査をします。
  これも、たくさん検査項目があるわりに、とってもシステマチックになって
  おりどんどん、進んでいきます。
  暗い部屋で、瞳孔を開く眼薬をさされて、それで検査もしました。

  全部で2時間くらいかかりました。
 
  そして、そのデータが全てコンピューターにインプットされて、その結果で
  手術が可能かどうか、ドクターに判断してもらうのです、。

  さらに、その詳細なデータが、手術に必要なデータとして、レーシックの
  機械に指示をするというしくみになっています。

  ドクターの判断は、手術可能という事でした。

  前回の、簡易検査のときに不安な事は色々聞いていましたので、そこでは
  私は「近視が強いけれど、視力回復は大丈夫でしょうか?」と
  再度聞きました。

  「角膜の厚さは十分あるので、万が一視力が回復できなくても、再手術可能
  ですから、安心してください!」と言われました。

  まあ、安心と言っても、再手術は嫌だよ、普通・・と心の中で思いながら

  でも、そう言わず、どうなんでしょう、正直なところ・・・と再度しつこく聞くと
  
  「大丈夫、いい結果がでると思いますよ!」と先生が言ってくれました。

  なんか、この言葉に私はとっても、安心しました。

  最近のお医者さんって、リスクの事をまず言いますよね。
  絶対大丈夫みたいな事は、言わないようにしているというか・・・
  後で、ごちゃごちゃ言われると困るから、安易な言葉で安心させないって
  感じでありありで・・・。

  確かに、すぐ裁判とかされちゃって、死にたいって言ってたから人工呼吸器
  外したのに急に、家族がそんな事言ってない!殺人だ!とか言い出す
  御時世だから先生は大変なんだなあ~とは思うけど、私は、やっぱり
  安心させてほしいな!

  医者は神様じゃない人間なんだから、完璧なんてない!
  それを、私たち患者はちゃんと認識しないと、私たちが良い医療を受けられ
  なくなってしまうと思います。

  私は、その温かい言葉をもらい、安心して次の日の手術を迎えることに
  なりました。

  でも、またまたその時に言われました。
  あのー老眼が出るかもしれませんが、それは承知していただいてますか?
 
  もーっ!分かってるよ~~~
  40歳すぎてると、老眼が出て、近くが見にくくなる可能性高いんでしょ・・ 
  大丈夫、老眼は覚悟してますから。

  −−−しつこいくらい、老眼の確認は次の日も続くのであった・・・

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

★★★ホームページリニューアルキャンペーン!★★★

この度、ウェディングブーケアトリエ「ローズデコ」は ホームページをリニューアルしました! リニューアルを記念して、お得なキャンペーンを実施中です!! 是非、新しくなった「ROSEDECO」にお越しください。 http://rose-deco.com/           ここをクリック!

selected entries

categories

Archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM